後遺障害 | やまもと整骨院

日曜AM&土曜はPMもOK

時間外も対応可。Pも有り。

電話

電話

メール

メール

後遺障害

交通事故によって負った肉体的損傷や精神的負担が、今後回復の見込みがないと判断された場合、後遺障害であると認定されます。
後遺障害には等級が症状ごとに定められており、慰謝料などの損害賠償請求額に影響してきます。

むち打ちの後遺障害である場合、等級は14級もしくは12級に認定されるケースが多く、西洋医学の観点から、後遺障害が残っているという証明をする必要があります。
14級・12級の認定を受ける条件は下記のようになります。

後遺障害イメージ

14級 局部に神経症状を残すもの

この条件に関して、具体的な検査結果や数値が決まっているわけではなく、医師ですら判断が難しいといわれます。
病院などでレントゲンを撮っても確認できないケースが主となる等級です。
判断は、通院頻度や経過症状、予後所見などから総合的観点を踏まえた上で、14級と認定されます。

12級 局部に頑固な神経症状を残すもの 

14級よりも重度の症状であり、レントゲンやMRI等で他覚的に確認でき、客観的に証明する必要があります。
労災保険の認定基準では、通常の労務ができ、職種制限もないが、時には労務に支障が生じるものとされています。
むち打ちで12級の障害となると、他症状との合併認定という場合も多くあります。

等級認定申請

後遺障害と認定されるためには、手続きをする必要があり「事前認定」と「被害者請求」の2種類からどちらかをおこなう必要があります。
この申請をしなければ原則、慰謝料の申請などが出来なくなってしまいます。

事前認定

交通事故後、保険会社を通して申請をする方法です。メリットとしては、手間が掛からず保険会社も慣れているのでスムーズに進めることができるという点があります。
反面、資料のチェックができないため、本来認定されるべき等級よりも低くなってしまうことがあります。
保険会社が賠償金等を支払うため、このようなことが起こってしまう可能性があるのです。

被害者請求

交通事故後、等級を受ける本人、または弁護士等の代理人が等級申請をする方法です。
手間は掛かりますが、隅々まで書類のチェックすることができ、弁護士に依頼した場合は、資料なども弁護士が揃えて申請をしてくれます。
ただし、代理人として弁護士に依頼した場合は、弁護士費用が発生してしまいますので、事前認定よりも費用が掛かる可能性があります。

 

やまもと整骨院では、交通事故診断の可能な病院及び弁護士事務所と連携を結んでおり、交通事故後から後遺障害の認定、そして交通事故治療までをスムーズにおこなうことができます。
もし、交通事故でお悩みのことがありましたら、ご相談も承っておりますので、お気軽にお話ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら